不動産売却で押さえておきたいポイントについて

媒介契約の特徴

不動産売却の流れ / 相場の把握 / 媒介契約の特徴

媒介契約には、大きく、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、それぞれに特徴があります。
まず、専属専任媒介契約とは1社だけに仲介を依頼することを指し、契約締結後においては他の業者に仲介を依頼することはできなくなります。
専属専任媒介契約では、業者に対して、契約成立後5日以内に国交大臣指定の不動産流通機構が運営・管理をしている標準情報システム(REINS・レインズ)への登録が義務付けられています。
また、依頼者に対しても2週間に1度以上の報告義務があり、メリットとしては、比較的高い確率で買い手が見つかることがあります。
専任媒介契約は、専属専任媒介契約と同様な契約形態を持ちます。
異なるのは、自分で買い手を見つけて業者を介さずに契約できることがあり、場合によってはより条件の良い買い手を探し出せることがメリットになります。
一般媒介契約は、一般的に広く行われており、REINSへの登録も報告義務も必要のない契約形態となります。
契約には他の業者に媒介契約を通知する明示型と、通知を行わない非明示型の2つがあり、どちらも手軽に利用できる反面、物件によっては買い手探しに時間がかかってしまうという難点があります。
選択に関しては、価格重視かスピード重視かで別れ、時間をかけても納得する価格で売りたい場合は一般媒介契約、早期に確実に買い手を見つけたい場合には専属専任媒介契約や専任媒介契約が適しています。